「標準旅行業約款 ― 募集型企画旅行契約の部」 (1)構成

山田が個人的にナビゲートさせて頂きます!
約款はかなりの長文です。店頭に掲示されているからと言って、誰も全文を読むことはないでしょうし、とても読む気にもなりません。長文ですがこの構成をよく理解しておけば、どこに何が書いてあるかがわかります。これが理解できればしめたもの。
まずはその構成をみてみましょう。全体は8つの章に分かれています。
第一章  総則
第二章  契約の締結
第三章  契約の変更
第四章  契約の解除
第五章  団体・グループ契約
第六章  旅程管理
第七章  責任
第八章  営業保証金/弁済業務保証金

重要なところは旅行を申し込んで(予約して)、変更をして、取消(キャンセル)をする、というところになりますから第二章から第四章ということになります。第六章の旅程管理も重要かもしれません。旅行会社を利用しないで、キップだけを駅とか金券ショップで買って、ホテルを宿泊施設のホームページで直接に取る、ということも出来るわけですが、そのような旅行の仕方(旅行商品の単品買い)と、旅行会社を通じて企画旅行商品を買った場合の違いは旅程管理ということかもしれません。第七章の責任ということも無視できません。第八章はどこまで補償してくれるのか、ということです。
では、これからこれらの事柄について要所要所を押さえてゆくことにしましょう。これによって旅行者(消費者)が旅行会社を利用するうえでのメリット・デメリットも見えてくるかと思います。