シャンパンの中の定番で、人気シャンパンのペリエ・ジュエはどんな歴史を持つシャンパンなのでしょうか?ペリエ・ジュエの魅力について探ってみましょう。

芸術的なシャンパンを生み出す「ペリエ・ジュエ」

ベル・エポック調の絵画を彷彿とさせる、お花と文字が描かれたボトルというとイメージしやすいかもしれません。ペリエ・ジュエは美しい出立が特長のシャンパンです。
1811年、シャンパーニュ地方エペルネ市で、ピエール・ニコラ・マリー・ペリエと、その妻アデル・ジュエによって創設されました。
丁寧につくられた芸術的なシャンパーニュは、たちまち人々の間で評判になりました。
2代目シャルル・ペリエの時代には、ブリュットやヴィンテージシャンパーニュを発売するなど、他社に先駆けたチャレンジで、人気は不動のものになりました。 

 ブランドのシンボル アネモネの花のボトルの誕生(エミール・ガレとの共作)

1902年には、現在のブランドイメージにもつながっている、白いアネモネの花のボトルが誕生します。
3代目アンリ・ガリスが、アールヌーボーの巨匠エミール・ガレに、ボトルデザインを依頼したものです。
その後、第一次世界大戦の混乱の中、長い眠りについていましたが、1964年に当時セラーマスターを務めていたアンドレ・パブレによって発見されます。
シャルドネを主体としたプレステージキュベ「ベル・エポック」として復活を遂げました。
その美しいボトルは、ヴィクトリア女王、ナポレオン三世といった王室や、グレース・ケリーをはじめとする世界中のセレブリティたちにも愛されてきました。

ペリエ・ジュエの現在

創業から200年以上の歴史を現在に受け継ぐのが、7代目セラーマスターであるエルヴェ・デシャンです。
1993年に現職に就いて以来、世界中を駆け回っています。そうしてペリエ・ジュエは華々しい「革新をつくり続ける」という伝統をつないでいきます。

ペリエ・ジュエのきらめく繊細な味わい

ボトルの美しさもさることながら、ペリエ・ジュエのシャンパンは繊細で高貴な味わいで女性ファンから絶大な人気を得ています。
最高級のシャルドネをふんだんに使い、エレガントでフローラルな味わいが特長で、繊細な味わいは「金糸」にも例えられています。
また、ペリエ・ジュエの自社畑は、シャンパーニュ地方の「魔法のトライアングル」と称される場所の真ん中に位置しており、この立地も最高級シャンパンを生み出す要因のひとつになっています。